株式会社コープミート千葉
株式会社コープミート千葉
TOP 会社案内 安心・安全 商品紹介 生産履歴の確認 採用情報 レシピ リンク
サイトMAPお問合せ
お知らせ

ひろげよう「千葉のこめ豚」のいいはなし:稲刈り体験

私たちはみんなで手をたずさえ、『千葉のこめ豚』を通し食料自給率の向上を推進します。
飼料用米は稲作生産者からは生産調整の対応が可能で水田を守る為に栽培しやすい転作作物として、養豚農家からはこれまで輸入穀物に頼っていた配合飼料を国産の自給飼料に置き換えることにより、安全性と美味しい肉質に改善につながると注目されています。 そしてこの『こめ豚』を消費する事で稲作農家と養豚農家そして消費者が一体となり日本の農業を守り、食料自給率を向上させます。
稲刈りの様子
集合写真 稲刈り(1)
稲刈り(2) 稲刈り(3)
稲刈り(4) 稲刈り(5)
稲刈り(6) 学習

ひろげよう「こめ豚」のいいはなし

稲刈り体験

日時:2010年9月26日(日)
場所:千葉県香取市貝塚1767-1
「田園空間博物館 まほろばの里」


 前日の台風が嘘のように晴天に恵まれ暖かい日差しの中、東都生協の組合員7家族18名が参加され、JAかとり、JA全農千葉県本部、東日本くみあい飼料、コープミート千葉とともに5月8日に田植えをした飼料用米の稲刈りを行いました。
 着替え後早速たんぼへ移動し、集合写真を撮影後、JAかとりより稲刈りの説明を受けました。稲は黄金色に色づき、重たそうに頭を垂れていました。鎌を渡され、最初はお父さんお母さんが稲を刈りお子様が手伝う様子が見られましたが、慣れてくるとお子様も一緒に鎌を持ち、上手に一株づつ稲刈りをしていました。
 慣れてくると、私達の予想を上回るスピードで稲刈りがすすみ、あっという間に田んぼの半分近くが終了してしまいました。
 子供たちは、稲刈りに飽きるとバッタやカエルを追っかけたり捕まえたりしていました。
 稲刈りの後は青空の下、「千葉のこめ豚」のバーベキュー(バラ・肩ロース・スペアリブ)に、「千葉のこめ豚」の入った豚汁、旬の秋刀魚の塩焼き、JAかとり産のさつまいも、トマトや梨におむすびを美味しそうにお代りをしていました。
 昼食後には、養豚生産者から豚に与える飼料や、肥育状況などの説明があり、より一層ご理解と興味を持っていただけたと思います。
 これからも東都生協の「食の未来づくり運動」をつなげる「千葉のこめ豚」の取り組みを応援して下さい。

参加組合員様の感想

  • 田植え・稲刈りの一部分しか見ていないが、生産者の苦労がわかったので、今後は食べ物を大切に食べていきたい。そして子供にも伝えていきたい。
  • できるだけ国産のものを消費して、食料自給率を高めたい
  • この地でとれたさつまいもやトマト、おむすびがおいしかった。
  • 田植えの時に食べた「千葉のこめ豚」が美味しく、それからは供給があるたびに注文しており、特に子供はスペアリブが好き。
  • 泥んこ遊びができない、カエルや虫に触れない子供が、田植えから稲刈りを通して泥んこになることも、カエルや虫に触る事もできるようになり、成長することができて良かった。
田植え体験稲刈り体験

これまでの『千葉のこめ豚』のいいはなし

【2013年】 田植え体験
【2012年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2011年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2010年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2009年】 田植え体験 | 学習・交流会 | 稲刈り体験

株式会社コープミート千葉
Copyright (c)2009 Coop Meat Chiba Corporation All rights reserved.