株式会社コープミート千葉
株式会社コープミート千葉
TOP 会社案内 安心・安全 商品紹介 生産履歴の確認 採用情報 レシピ リンク
サイトMAPお問合せ
お知らせ

ひろげよう「千葉のこめ豚」のいいはなし 第3回:稲刈り体験

私たちはみんなで手をたずさえ、『千葉のこめ豚』を通し食料自給率の向上を推進します。
飼料用米は稲作生産者からは生産調整の対応が可能で水田を守る為に栽培しやすい転作作物として、養豚農家からはこれまで輸入穀物に頼っていた配合飼料を国産の自給飼料に置き換えることにより、安全性と美味しい肉質に改善につながると注目されています。 そしてこの『こめ豚』を消費する事で稲作農家と養豚農家そして消費者が一体となり日本の農業を守り、食料自給率を向上させます。
みんなの「かかし」と勉強会

ひろげよう「こめ豚」のいいはなし

学習・交流会

日時:2009年9月26日(土)
場所:千葉県香取市「田園空間博物館 まほろばの里」

当日は秋晴れの中、31名の組合員が参加し、自らが植えた飼料米の稲刈りを行ないました。 さっそく田んぼへGO。コンバインでの収穫(稲刈り、脱穀)のデモンストレーションを見学し、機械の速さにビックリ!
7月25日にみんなが作ったかかしのおかげで台風にも負けることなく、収穫を待つように大きく実った稲穂が頭を垂れた黄金色の田んぼで稲刈りスタート!
鎌を手に持ち、黄金色に輝く稲一株つかんでバッサリ!
脱穀しやすいように切った端を揃えて並べ・・・また一株つかんでバッサリ!
慣れてくると、一株だけでなく二株三株とつかんでバッサリ!みんな自分が植えた飼料米を大事に刈っていました。
慣れない作業にも関わらず、誰一人ケガをすることなく大変上手に稲刈りができました。
おなかが空いたところで、次は昼食です。
新米のおにぎりに、こめ豚のスペアリブ、芋煮鍋、シシリアンルージュ(トマト鍋)、いわしの丸干し、イカの丸焼き、焼き芋とこめ豚と地元の野菜をふんだんに使った昼食をおなか一杯食べました。用意した昼食はほぼ完食!実りの秋、食欲の秋ですね〜!

今回の飼料米栽培産直交流会でのこめ豚、飼料米を通じて、食べ物の大切さ、食糧自給率の問題をふくめ、農畜産業に少しでも興味を持っていただけたらうれしいです。
私たちも、組合員の皆様と交流できたことは、本当に楽しく、そして色々教えていただきました。 ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

参加組合員様の感想

  • 子供に食べ物の大切さ、季節感などを感じさせることができてよかった
  • 食糧自給率の問題が身近に感じました
  • 来年もこのような企画があれば是非参加したい
  • 昼食もおいしいものばかりでよかった

今後の交流会予定



第1回:飼料用米の田植え体験 第2回:学習・交流会 第3回:稲刈り体験

これまでの『千葉のこめ豚』のいいはなし

【2013年】 田植え体験
【2012年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2011年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2010年】 田植え体験 | 稲刈り体験
【2009年】 田植え体験 | 学習・交流会 | 稲刈り体験
デモ(1) デモ(2)
稲刈り(1) 稲刈り(2)
稲刈り(3) 稲刈り(4)
昼食 昼食
田んぼの風景 2009年9月21日
全景 全景 その2
かかしのとんぼ 稲穂

株式会社コープミート千葉
Copyright (c)2009 Coop Meat Chiba Corporation All rights reserved.